アグリサイエンスラボ「肉や野菜を『おいしく』焼こう!―火力と食材―」に本研究所メンバーが講師として参加しました

2016年8月21日(日)、東京都奥多摩の氷川キャンプ場にて、アグリサイエンスラボ~肉や野菜を「おいしく」焼こう!―火力と食材―~を実施しました。前日まで雨の心配もありましたが、当日は真夏の日差し。夏らしい天気のもとで実施ができました。当日の活動内容をお伝えします。

【火起こし:自力で炭に火をつけよう!】

今回の企画、「はやく肉を食べたい」という子どもたちの気持ちをひしひしと感じながらのスタートですが、まずはしっかり火起こしです。「焼く」ことはヒトが安全においしく食べるために身につけた「加工」を第一歩。火種になるような薪を探し集め、着火剤やガスバーナーに頼ることなく、マッチから炭に火をつけることに成功しました。

自分たちで集めた葉っぱや小枝をもとに、マッチから炭火を起こしました


【温度を知る:ミシシッピテスト】

肉や野菜をおいしく焼くために、大切なのは火の温度。しかし何百度にもなる火の温度を測るのは簡単ではありません。そこで編み出された方法が、手の感覚を使うというもの。アメリカで生まれたその方法は、ミシシッピテストと呼ばれます。火の上に手をかざし「ワンミシシッピ、ツーミシシッピ、スリーミシシッピ…」とカウントし、熱さに耐えられなくなるまでの時間で温度を推測するというもの。誤差が大きそうな気がしますが、意外に精度が高いのです。ヒトの手が熱さを危険ととらえて反応する時間はほぼ変わらないということなのですかね。生きものの不思議も体験できました。

高温を測れる温度計で、炭火の温度を測る様子。うちわで空気を送ると一気に温度が上がりました

【実験・観察:肉や野菜を「おいしく」焼こう!】

さぁいよいよ肉と野菜を焼き始めます。まずは、おいしく焼くために「観察」です。肉・野菜を火にかけて、時間とともにどのような変化が起こるのかを集中して観察します。「ちょっと茶色くなった!」「すごい茶色くなった!」「丸まった!」「水が出てきた!」「しわしわになった!」「小さくなった!」「黒っぽくなった!」など、いろいろな変化を発見できました。「焼く」というシンプルなことですが、よく観察することは新たな気づきを与えてくれますね。

肉が焼ける様子を真剣に観察。おいしく焼くためには「知る」ことから

ちなみに肉のおいしさの秘密は、子どもたちも気づいた「水が出てきた!」というところ。肉汁にたくさんの味の成分が詰まっているので、肉汁を逃がさないようにするのは一番のポイントでした。いいタイミングの肉と、タイミングを外した肉とではおいしさが違うことも実感できました。野菜にもやはりポイントがあります。それぞれの野菜の特徴を知り、合わせた焼き方を工夫することで野菜をおいしく食べることができます。

焼いたのに「しる」が出る。言われてみれば確かに不思議ですね。子どもは素朴な不思議を発見します

生きものの不思議を知り、食べ方を工夫することの積み重ねで「食」の文化は築かれています。その一端を子どもたちは実感できたようです。

おいしい焼き方をマスターし、肉や野菜をいただきました

真剣に研究した後は、待ちに待った自由に焼いて食べる時間です。観察でわかってきたことを思い出しながら、肉と野菜をおいしくいただきました。家でフライパンを使って焼くと、また違った発見があるでしょう。「焼く」という工夫はシンプルで奥が深いですね。

<<予告>>

次回のアグリサイエンスラボは2016年9月19日(月・祝)です。

「育てたお米を収穫しよう!」をテーマに、稲刈りや農機具観察を行います!お米をたくさん育てる工夫にも注目です!

今回のように、アグリサイエンスラボでは農場体験と実験を通して生きものの不思議(生命科学)や食べものの工夫(食品工学)を学べます。ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせください。

アグリサイエンスラボについてはこちらをごらんください。

 

コーププラザでの出前実験教室にて本研究所メンバーが講師として参加しました

8月4日、6日の2日間、アグリサイエンスラボは、生活協同組合コープみらいが運営するカルチャーセンター(コーププラザ)にて、小学校1〜4年生の親子34組を対象にDNAを題材とした実験教室を実施し、本研究所のメンバーが講師として参加しました。

【実施日時・会場】
8月4日(木)10:30-12:30 コーププラザ新中野
8月6日(土)10:00-12:00 コーププラザ秋葉原

今回は”夏休みの自由研究お助け企画!”ということで、「食べものからDNAをとりだそう」というテーマでおこないました。

まず、DNAは生きものの体を作るための「設計図」であり、すべての生きものが持っていることを学びました。、「では、自分の設計図であるDNAは、どんな色・かたちをしているんだろう?」という問いかけのもと、子どもたちは実際に自分のDNAを取り出す実験に挑戦しました。

「丸いかたち」とか「ペラペラした紙みたいなもの」だと予想があがっていましたが、DNAが見えてくると、その意外なかたちにびっくりしていました。見るだけでなく、手で触ってみたりと興味津々。大人でもなかなか見る機会のないものなので、保護者の方々にも子どもと同じように感動いただけました。

coop-n

ひとしきり自分のDNAに触れた後、ここからが本題です。
食べものは生きものである、という理解ののち、次なる疑問に挑戦です。「動物や植物と人間では見た目は違う。ではDNAの見た目は同じだろうか?それとも違うのだろうか?」
この疑問を解決すべく、食べもの(植物代表としてブロッコリー、動物代表として鶏肉)からDNAを取り出しました。

coop-a-2

実験の途中では、鶏肉から出てきたタンパク質の量にも驚きの声が上がりました。やっぱり筋肉にはタンパク質がたくさん入っているんだ等の気づきも得ながら、食べものと人間のDNAの「比較」に挑戦しました。
ブロッコリーと鶏肉から取り出せたDNA、なんと見た目は人間とほとんど同じ。意外な結果に驚いた様子でした。

DNAの見た目は同じなのは、動物や植物が人間と同じ生きものであることの証。生きものとしての見た目の違いは「設計図にかかれている内容が違うから」という生きものの本質的なしくみを理解する機会にもなりました。

DNA抽出実験を通じて、「食べものは生きものだ」という事をあらためて知り、生きもののふしぎだけでなく食べものの大切さにも気がつく教室となりました。

今回のように、アグリサイエンスラボでは農場体験と実験を通して生きものの不思議(生命科学)や食べものの工夫(食品工学)を学べます。ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせください。

 

アグリサイエンスラボについてはこちらをごらんください。