Featured posts

,

すみだ北斎美術館で行われたイベントに「すみだ野菜」を使っていただきました

2016年12月6日(火)すみだ北斎美術館で行われたイベントに「すみだ野菜」を使っていただきました。

このイベントでは、「料理にアートをまとわせて、食事を楽しむすべての人たちに忘れられない体験を。」をコンセプトにケータリング事業を行うCRAZY KITCHEN(株式会社CRAZY、所在地:東京都墨田区)が料理を担当しており、墨田区内で行われるイベントなので区内でつくられた野菜を料理に使いたいという要望から「すみだ野菜バジル」を使っていただきました。

「すみだ野菜バジル」は、葛飾北斎の富嶽三十六景の神奈川沖浪裏を背景に海から飛び出してきた魚をイメージして配膳されている鯛のアクアパッツァに使っていただきました。

今後もアグリガレージ研究所では地域のイベントにすみだ野菜を活用していただけるよう活動してまいります。すみだ野菜の活用をご検討される方は、お問い合わせよりご連絡ください。

,

油田カフェにて植物工場バジルを使った料理の提供が開始しました

2016年9月1日から、油田カフェにて本研究所で育てられた植物工場バジルを使った料理の提供が開始しました。

今回は、植物工場バジルをジェノバソースにして、きのこジェノベーゼを作っていただいています。新鮮なバジルの香りが楽しめるのが特徴です。

またカフェでは植物工場バジルの販売もしていますので、ぜひお越しください。

提供店舗情報:油田カフェ(東京都墨田区八広3丁目39−5 ライオンズマンション墨田 1F)アグリガレージ研究所のお隣にあります。

植物工場セミナーにて本研究所の川名が講演しました

2016年6月21日に本研究所の川名祥史が、株式会社情報機構が主催する植物工場セミナー「植物工場における高付加価値作物の栽培技術とビジネスチャンス~機能性植物・ハーブ・薬用植物・イチゴなど注目作物の可能性に迫る!~」で講演を行いました。

今回の講演では企業、大学含む約20名の方にご参加いただき、植物工場における高付加価値野菜の具体的な事例として、ハーブなどの可能性を紹介するとともに、最新動向とビジネスチャンスについて紹介しました。講演プログラム概要は以下の内容になります。

■プログラム概要
1. 植物工場の基礎
1) 植物工場とは
2) 要素技術
3) 栽培の流れとポイント

2. 植物工場のビジネス
1) 採算モデル
2) ビジネスモデル
3) 収益性について

3. 高付加価値野菜の最新動向
1) 高付加価値野菜の事例紹介
2) 植物工場における高付加価値野菜について

講演及び植物工場に関するお問い合わせは以下よりご連絡ください
https://agri-ga.com/contact/

油田マルシェにて植物工場野菜を販売しました

2016年7月9日、本研究所で育てられた植物工場野菜を油田マルシェで販売しました。

今回は、ワイルドルッコラ、根つきパクチーを提供しました。ワイルドルッコラは、香味が強く加熱した料理にも使えると好評をいただきました。

また現在、油田マルシェを行う油田カフェでパクチーの根も使ったガパオライスなど、植物工場野菜を活用したメニューを開発いただいています。

ガパオ

今後もメニュー開発の状況も順次報告してまいります。

朝顔市にて植物工場野菜を販売しました

2016年7月1日、東京東信用金庫が行う朝顔市にて本研究所の植物工場野菜を販売しました。

今回の提供量は40袋程度でしたが、地域の皆様に購入していただきました。今後も地域での販売展開を目指してまいります。

イベントで植物工場野菜を販売したい方、また空工場の利用で植物工場をご検討の方、こちらのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

,

ブログに本研究所の取り組みをご紹介いただきました

2016年6月20日、イケダハヤト氏のブログに本研究所の取り組みを掲載いただきました。

「アグリガレージ研究所」がヤバい!墨田区のライオンズマンションの一階に「植物工場」があったw

植物工場だけでなく、町工場の屋上での栽培システムの研究もご紹介頂いておりますので、ぜひご一読ください。

,

Innoplexに本研究所の取り組みをご紹介いただきました

2016年6月12日、植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しているInnoplexに本研究所の取り組みを掲載いただきました。

リバネス、墨田区の空き工場を活用した植物工場を開設。粉末加工など六次産業化を通じた地域活性化へ』ぜひご一読ください。

油田マルシェでリーフレタスをご提供しました

2016年5月14日、本研究所で育てられたリーフレタスを油田マルシェにご提供しました。

先着20名の限定配布だったため、あっという間に配布終了となりました。

リーフレタスを配布した方からは、さっそくお召し上がりいただき、当日販売されていた長野県産の有機野菜と比較しても味、鮮度も負けていないとのコメントをいただきました。

今後開催されるマルシェでは販売できるように進めてまいります。

 

本研究所を墨田区山本区長に視察していただきました

2016年4月28日、本研究所を墨田区山本区長に視察していただきました。

本研究所は、墨田区に新たな農業ビジネスを生み出す「町工場ショクづくり」をテーマに墨田区の平成27年度新ものづくり創出拠点整備事業に採択、整備を進めてきました。

当日は、本研究所の植物工場や加工施設、植物・藻類栽培実験室を山本区長にご覧いただきました。

IMG_0163

最後に植物工場で育てられた野菜も試食いただき、味が良いとご好評いただきました。