中村修二氏(ノーベル賞受賞)が共同設立したSORAA社等、 4社共同での新型植物工場システムの開発を開始

アグリガレージ研究所は、

ノーベル物理学賞を受賞した中村修二氏が共同設立者となるSORAA株式会社の日本法人(代表:汲川 雅一、所在:東京都板橋区、以下「SORAA」)、

製品安全と流通に関わるシステムを開発するTDNインターナショナル株式会社(代表:渡辺 吉明、本社:東京都板橋区、以下「TDN」)、

農地モニタリングデバイスを開発する米国Kakaxi, inc.(CEO:大塚 泰造、本社:米国カリフォルニア州、以下「Kakaxi」)、

とアグリガレージ研究所(運営:株式会社リバネス)の計4社で、新型植物工場システムの共同開発プロジェクトの発足に関する合同会見を2月14日に板橋区役所にて開催いたします。

本プロジェクトは、アグリガレージ研究所の運営を行う、株式会社リバネス(代表:丸幸弘 本社:東京都新宿区 以下リバネス)が2009年から開発を進めている植物工場の技術的課題の解決を目指すもので、

植物工場では栽培が難しいといわれている根菜類果菜類穀類の生産栽培研究を行うとともに、その得られた成果をもとにした新型栽培ユニット開発を目指します。

今後も、アグリガレージ研究所、は、本取り組みを通じて、ベンチャーとの連携を促進し、新たな研究開発に取り組んでまいります。

記者会見へのご参加を希望される方は以下<お問合せ>までご連絡ください。

 

 

■SORAA

青色LEDの開発でノーベル物理学賞を受賞した中村修二氏の技術をもとに設立された米国発ベンチャー。東京都板橋区に日本法人を置く。

本プジェクトでは、SORAAが開発製造した白から赤までの可視光域のフルスペクトルを実現した演色性の高い紫色LEDベースのランプが植物に与える影響を検証し、植物工場光源としての活用可能性を探ります。

■TDN

モバイル端末でQRコードを読み取ることで取扱説明書やリコール情報など製品の安全に係る情報にアクセスできるアプリ「すこどっ(scodt)」の開発、運営を行い、世界で初めて流通システムの国際標準機関「GS1」のQRコードの利用を可能にした。
なお、2016年11月にリバネスと資本提携済。

■Kakaxi

第一次産業を情報産業に変えることを目指し、米国にて農地モニタリングデバイス「KAKAXI」の開発、提供を行う。

「KAKAXI」は、内蔵されたカメラで定期的にを撮影し、同時に温度・湿度・日射量を測定。計測データはデバイスに内蔵された3G通信で、クラウドにアップされウェブ経由で閲覧が可能。

本プロジェクトでは、植物工場内での活用を検証するとともに、植物の生育をモニタリングし、比較実験データ取得を行います。

 

【記者会見概要】
日時:2017年2月14日(火)13:00-14:00
場所:板橋区役所 北館11階 第2委員会室
参加者:
板橋区 産業戦略担当課長 諸橋 達昭
SORAA株式会社 カントリーマネジャー 汲川 雅一
TDNインターナショナル株式会社 代表取締役 渡辺 吉明
GS1 Japan((一財)流通システム開発センター)主任研究員 市原 栄樹
株式会社リバネス 代表取締役CEO 丸 幸弘

<本リリースに関するお問合せ>
株式会社リバネス 担当:宮内、大坂
Tel:03-5227-4198  Mail:[email protected]

<本リリースに関するお問合せ>
株式会社リバネス 担当:宮内、大坂
Tel:03-5227-4198  Mail:[email protected]

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です