「農業者のための栽培研究の窓口」を開設します

アグリガレージ研究所は、農業生産現場の課題解決を目指し「農業者のための栽培研究の窓口」を開設します。

これまでにリバネスは、植物生理学、作物栽培学、植物病理学など、植物科学分野で専門的な知識と技術を習得し、博士号を取得したスタッフが、その専門性を活かして植物工場や植物病の診断培地開発、小学生向け食育教室などの事業を展開してまいりました。

近年の農業生産の現場は、少子高齢化や農業従事者の減少により、これまで以上に生産性向上、効率化が求められています。さらに近年の気候変動により、農地ではこれまでに見られなかった病虫害の発生等が課題となっております。本研究所では「藻類や植物の可能性を見出す」をテーマに研究を行っており、これらの課題を抱える農業者と、植物科学分野の研究者とともに、課題解決に取り組んでまいります。

窓口開設にあたり、まずは以下の内容でご相談を承ります。今後も様々なご相談に対応できるよう、当サービスの拡充を進めてまいります。

<ご相談可能な内容>
・主要作物(イネ、ダイズ、コムギ)の栽培研究に関するご相談
・病虫害の診断に関するご相談
・作業の省力化に関するご相談
・科学的な有機栽培手法に関するご相談

お問い合わせ先「農業者のための栽培研究の窓口

毎日新聞に本研究所の取り組みをご紹介いただきました

2016年6月29日、毎日新聞の地域面に本研究所の取り組みを掲載いただきました。

研究開発会社「リバネス」空き工場で野菜栽培 墨田区が補助金 /東京』ぜひご一読ください。

 植物工場の取り組みや食品の粉末化にご興味のある方、見学希望の方は、本サイトのお問い合わせより内容をお寄せください。お待ちしております。

NHKの「首都圏ネットワーク」で本研究所の取り組みが紹介されます

2016年6月29日、18時10分からのNHKの「首都圏ネットワーク」にて本研究所の取り組みを紹介いただきます。お時間ある方はぜひご視聴いただけますと幸いです。

首都圏NEWS WEB『墨田区の空き倉庫を野菜工場に』でも内容をご覧いただくことができます。

 

,

ブログに本研究所の取り組みをご紹介いただきました

2016年6月20日、イケダハヤト氏のブログに本研究所の取り組みを掲載いただきました。

「アグリガレージ研究所」がヤバい!墨田区のライオンズマンションの一階に「植物工場」があったw

植物工場だけでなく、町工場の屋上での栽培システムの研究もご紹介頂いておりますので、ぜひご一読ください。

,

Innoplexに本研究所の取り組みをご紹介いただきました

2016年6月12日、植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しているInnoplexに本研究所の取り組みを掲載いただきました。

リバネス、墨田区の空き工場を活用した植物工場を開設。粉末加工など六次産業化を通じた地域活性化へ』ぜひご一読ください。

本研究所のプレス内覧会・お披露目会を開催しました

2016年5月16日、本研究所のプレス内覧会およびお披露目会を開催しました。

プレス内覧会では新聞社、ケーブルテレビの計4社の方に来ていただきました。

本研究所の取り組み紹介、施設見学を行った上で、植物工場野菜・野菜粉末を使った製品の試食、質疑応答を行いました。

取材内容は、近日各メディアにて紹介いただく予定です。

IMG_0348

お披露目会の様子

また同日に行われたお披露目会では、植物工場・加工事業に興味を持っている方、町工場の方、近隣住民の方など30名を超える方々にご参加いただきました。

本会の実施にあたっては、油田カフェから場所のご提供、植物工場野菜粉末を使った製品試作にご協力いただきました。

図2

試食の様子

植物工場野菜は、リーフレタス、ミズナほかコマツナ、ケールのベビーリーフを試食していただきました。ドレッシングは植物工場でとれたコマツナを加工したものも試作いただきました。

IMG_0296

植物工場野菜

植物工場野菜粉末を使った製品では、クッキー、シフォンケーキ、ミルリトンといったお菓子を試食していただきました。

試食いただいた方からは、ベビーリーフでもしっかり味がして美味しいというコメントや、お菓子は美味しいだけでなく、色が綺麗で目を楽しませてくれるというコメントをいただきました。

また試作いただいた方からは、お茶を加工品に入れたものよりも綺麗なグリーンが出ると好評いただきました。

図1

植物工場野菜粉末を使った製品

今後も、このような製品に使っていただけるように植物工場での栽培品種の検討、および加工研究を行ってまいります。