ミッション:生産者の持つ可能性の最大化を目指して

 リバネスでは、2013年より知識創業研究センター(I2K)を設立し、世界中に散在する知の集約とそれらを掛け合わせることで新たな価値を創出する研究を行ってまいりました。その中で、藻類や植物の可能性の探索と有効利用、農林水産と食・栄養に資するものなどに特化した研究を進めるべく、2016年よりアグリガレージ研究所を立ち上げることになりました。本研究所では、独自研究だけでなく、大学・企業・ベンチャーとの共同研究や受託研究、中高生とのRBE(Research Based Education)、町工場との機器開発に取り組んでまいります。