アグリサイエンスラボ「肉や野菜を『おいしく』焼こう!―火力と食材―」に本研究所メンバーが講師として参加しました

2016年8月21日(日)、東京都奥多摩の氷川キャンプ場にて、アグリサイエンスラボ~肉や野菜を「おいしく」焼こう!―火力と食材―~を実施しました。前日まで雨の心配もありましたが、当日は真夏の日差し。夏らしい天気のもとで実施ができました。当日の活動内容をお伝えします。

【火起こし:自力で炭に火をつけよう!】

今回の企画、「はやく肉を食べたい」という子どもたちの気持ちをひしひしと感じながらのスタートですが、まずはしっかり火起こしです。「焼く」ことはヒトが安全においしく食べるために身につけた「加工」を第一歩。火種になるような薪を探し集め、着火剤やガスバーナーに頼ることなく、マッチから炭に火をつけることに成功しました。

自分たちで集めた葉っぱや小枝をもとに、マッチから炭火を起こしました


【温度を知る:ミシシッピテスト】

肉や野菜をおいしく焼くために、大切なのは火の温度。しかし何百度にもなる火の温度を測るのは簡単ではありません。そこで編み出された方法が、手の感覚を使うというもの。アメリカで生まれたその方法は、ミシシッピテストと呼ばれます。火の上に手をかざし「ワンミシシッピ、ツーミシシッピ、スリーミシシッピ…」とカウントし、熱さに耐えられなくなるまでの時間で温度を推測するというもの。誤差が大きそうな気がしますが、意外に精度が高いのです。ヒトの手が熱さを危険ととらえて反応する時間はほぼ変わらないということなのですかね。生きものの不思議も体験できました。

高温を測れる温度計で、炭火の温度を測る様子。うちわで空気を送ると一気に温度が上がりました

【実験・観察:肉や野菜を「おいしく」焼こう!】

さぁいよいよ肉と野菜を焼き始めます。まずは、おいしく焼くために「観察」です。肉・野菜を火にかけて、時間とともにどのような変化が起こるのかを集中して観察します。「ちょっと茶色くなった!」「すごい茶色くなった!」「丸まった!」「水が出てきた!」「しわしわになった!」「小さくなった!」「黒っぽくなった!」など、いろいろな変化を発見できました。「焼く」というシンプルなことですが、よく観察することは新たな気づきを与えてくれますね。

肉が焼ける様子を真剣に観察。おいしく焼くためには「知る」ことから

ちなみに肉のおいしさの秘密は、子どもたちも気づいた「水が出てきた!」というところ。肉汁にたくさんの味の成分が詰まっているので、肉汁を逃がさないようにするのは一番のポイントでした。いいタイミングの肉と、タイミングを外した肉とではおいしさが違うことも実感できました。野菜にもやはりポイントがあります。それぞれの野菜の特徴を知り、合わせた焼き方を工夫することで野菜をおいしく食べることができます。

焼いたのに「しる」が出る。言われてみれば確かに不思議ですね。子どもは素朴な不思議を発見します

生きものの不思議を知り、食べ方を工夫することの積み重ねで「食」の文化は築かれています。その一端を子どもたちは実感できたようです。

おいしい焼き方をマスターし、肉や野菜をいただきました

真剣に研究した後は、待ちに待った自由に焼いて食べる時間です。観察でわかってきたことを思い出しながら、肉と野菜をおいしくいただきました。家でフライパンを使って焼くと、また違った発見があるでしょう。「焼く」という工夫はシンプルで奥が深いですね。

<<予告>>

次回のアグリサイエンスラボは2016年9月19日(月・祝)です。

「育てたお米を収穫しよう!」をテーマに、稲刈りや農機具観察を行います!お米をたくさん育てる工夫にも注目です!

今回のように、アグリサイエンスラボでは農場体験と実験を通して生きものの不思議(生命科学)や食べものの工夫(食品工学)を学べます。ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせください。

アグリサイエンスラボについてはこちらをごらんください。

 

コーププラザでの出前実験教室にて本研究所メンバーが講師として参加しました

8月4日、6日の2日間、アグリサイエンスラボは、生活協同組合コープみらいが運営するカルチャーセンター(コーププラザ)にて、小学校1〜4年生の親子34組を対象にDNAを題材とした実験教室を実施し、本研究所のメンバーが講師として参加しました。

【実施日時・会場】
8月4日(木)10:30-12:30 コーププラザ新中野
8月6日(土)10:00-12:00 コーププラザ秋葉原

今回は”夏休みの自由研究お助け企画!”ということで、「食べものからDNAをとりだそう」というテーマでおこないました。

まず、DNAは生きものの体を作るための「設計図」であり、すべての生きものが持っていることを学びました。、「では、自分の設計図であるDNAは、どんな色・かたちをしているんだろう?」という問いかけのもと、子どもたちは実際に自分のDNAを取り出す実験に挑戦しました。

「丸いかたち」とか「ペラペラした紙みたいなもの」だと予想があがっていましたが、DNAが見えてくると、その意外なかたちにびっくりしていました。見るだけでなく、手で触ってみたりと興味津々。大人でもなかなか見る機会のないものなので、保護者の方々にも子どもと同じように感動いただけました。

coop-n

ひとしきり自分のDNAに触れた後、ここからが本題です。
食べものは生きものである、という理解ののち、次なる疑問に挑戦です。「動物や植物と人間では見た目は違う。ではDNAの見た目は同じだろうか?それとも違うのだろうか?」
この疑問を解決すべく、食べもの(植物代表としてブロッコリー、動物代表として鶏肉)からDNAを取り出しました。

coop-a-2

実験の途中では、鶏肉から出てきたタンパク質の量にも驚きの声が上がりました。やっぱり筋肉にはタンパク質がたくさん入っているんだ等の気づきも得ながら、食べものと人間のDNAの「比較」に挑戦しました。
ブロッコリーと鶏肉から取り出せたDNA、なんと見た目は人間とほとんど同じ。意外な結果に驚いた様子でした。

DNAの見た目は同じなのは、動物や植物が人間と同じ生きものであることの証。生きものとしての見た目の違いは「設計図にかかれている内容が違うから」という生きものの本質的なしくみを理解する機会にもなりました。

DNA抽出実験を通じて、「食べものは生きものだ」という事をあらためて知り、生きもののふしぎだけでなく食べものの大切さにも気がつく教室となりました。

今回のように、アグリサイエンスラボでは農場体験と実験を通して生きものの不思議(生命科学)や食べものの工夫(食品工学)を学べます。ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせください。

 

アグリサイエンスラボについてはこちらをごらんください。

アグリサイエンスラボ「大豆がたくさんとれる方法を探そう!ー大豆の栽培研究・豆乳マヨネーズ作りに挑戦ー」にて本研究所メンバーが講師として参加しました

2016年7月17日(日)、アグリサイエンスラボ~大豆がたくさんとれる方法を探そう!~を千葉県東金市のあいよ農場にて実施し、本研究所のメンバーが講師として参加しました。当日は日差しも強すぎず、比較的過ごしやすい環境で行うことができました。当日の活動内容をお伝えします。

【大豆播種(はしゅ):自分で考えた植え方で大豆を植えよう!】

 はじめに取り組んだのは大豆の種まきでした。種をまくことを「播種(はしゅ)」といいます。植える際には、その後の育てる作業がやりやすいように一列に植えていきます。基本の植え方は「一つの穴に2粒」「植える間隔を30cmにする」の2点です。一つ目の理由は、1粒だと目が出ないことがあるから。二つ目の理由は大豆が枝を広げやすいようにするため。まずは、この基本の植え方をマスターしました。

 現在、日本で食べられている食用大豆は国産が3割弱と少ない状態です。山が多い日本ではどうしても作付面積の確保が課題になります。そこで、基本の植え方より大豆をたくさん取れるような方法を参加者の皆さんに考えてもらい、実際にその通りに植えるという研究をスタートさせました。アイディアとして、大豆は1粒だけれど植える間隔を狭くする作戦・植える間隔を狭いところと広いところをつくる作戦などがでてきました。結果は12月に大豆を収穫するときにわかります。今回は①植える②育てる③大豆の重さを測定するという、栽培研究の一歩を踏み出したことになります。実験結果がわかるまでに時間がかかるところは生き物を育てる研究の難しさでもあり、醍醐味でもあります。

自分の考えた種まき方法で実験!

自分の考えた種まき方法で実験!

【野菜収穫:身近な野菜も珍しい野菜もいっぱい!】

 今回お邪魔したあいよ農場さんでは年間200種類もの野菜を育てています。今回はその一部を収穫しました。その場で食べる野菜はみずみずしく、とてもおいしいと好評でした。野菜収穫の際には、野菜の色・形・大きさといった点に注目して、なぜだろうと思う「ふしぎ」や、人間が野菜をうまく育てるために行っている「くふう」を発見することをミッションにしました。例えば、オクラの花を食べると、オクラと同じ味がするといった「ふしぎ」に気が付くことができました。「土にビニールシートをはってあるのは、真夏の太陽の熱を利用(ビニールシートの中は70℃にも達する!)して雑草や菌が広がらないようにするため」などの農家さんならでは「くふう」も知ることができました。

おいしいトマトがとれたよ!

おいしいトマトがとれたよ!

農家さんの「くふう」を聞いて感心!

農家さんの「くふう」を聞いて感心!

【お昼:農家さんの野菜たっぷりカレー!】

大豆の播種と野菜の収穫を頑張った参加者には、農家さんお手製の野菜カレーがふるまわれました。ほとんど水を加えず、野菜の水分でできているところがとても魅力的です。

野菜ごろごろカレー!

野菜ごろごろカレー!

【豆乳マヨネーズ作成:大豆を使ってマヨネーズもつくれるんだ!】

 大豆はとうふ・しょうゆ・きなこなど、日本人にとって身近な食べ物に変身することができます。今回は、大豆食品のひとつである豆乳を使ったマヨネーズづくりに挑戦です。

 マヨネーズの主な成分は水と油ですが、これだけでは混ざりあいません。ここに卵の黄身を加えると、水と油が仲良く混ざり合うことができます。その秘密は、卵に含まれる「レシチン」という物質です。このレシチンが水と油を仲良くさせる作用を持っているので、マヨネーズがつくれます。では、なぜ豆乳をつかってマヨネーズをつくれるかというと、大豆には卵と同じようにレシチンが含まれているためなのです。

 豆乳マヨネーズの基本的な材料は、豆乳・お酢・油・塩の4点です。これらを混ぜるときには、大事なコツがあります。それは油以外を混ぜた後に、油を少しずつ足しながら泡だて器でかき混ぜることです。マヨネーズは「水の中に小さな油の粒が混ざった」状態です。油を一気に入れてしまうと「油の中に水の粒が混ざった」状態となり、マヨネーズになりません。おうちで豆乳マヨネーズをつくるときは、この点を気にしてつくってみてくださいね。

真剣にかき混ぜ中!

真剣にかき混ぜ中!

<<予告>>

次回のアグリサイエンスラボは2016年8月21日(日)です。

「肉や野菜をおいしく焼こう!」をテーマに、バーベキューを行う予定です!

詳細はこちらからチェック!

https://school.lne.st/agrisci/

「農業者のための栽培研究の窓口」を開設します

アグリガレージ研究所は、農業生産現場の課題解決を目指し「農業者のための栽培研究の窓口」を開設します。

これまでにリバネスは、植物生理学、作物栽培学、植物病理学など、植物科学分野で専門的な知識と技術を習得し、博士号を取得したスタッフが、その専門性を活かして植物工場や植物病の診断培地開発、小学生向け食育教室などの事業を展開してまいりました。

近年の農業生産の現場は、少子高齢化や農業従事者の減少により、これまで以上に生産性向上、効率化が求められています。さらに近年の気候変動により、農地ではこれまでに見られなかった病虫害の発生等が課題となっております。本研究所では「藻類や植物の可能性を見出す」をテーマに研究を行っており、これらの課題を抱える農業者と、植物科学分野の研究者とともに、課題解決に取り組んでまいります。

窓口開設にあたり、まずは以下の内容でご相談を承ります。今後も様々なご相談に対応できるよう、当サービスの拡充を進めてまいります。

<ご相談可能な内容>
・主要作物(イネ、ダイズ、コムギ)の栽培研究に関するご相談
・病虫害の診断に関するご相談
・作業の省力化に関するご相談
・科学的な有機栽培手法に関するご相談

お問い合わせ先「農業者のための栽培研究の窓口

植物工場セミナーにて本研究所の川名が講演しました

2016年6月21日に本研究所の川名祥史が、株式会社情報機構が主催する植物工場セミナー「植物工場における高付加価値作物の栽培技術とビジネスチャンス~機能性植物・ハーブ・薬用植物・イチゴなど注目作物の可能性に迫る!~」で講演を行いました。

今回の講演では企業、大学含む約20名の方にご参加いただき、植物工場における高付加価値野菜の具体的な事例として、ハーブなどの可能性を紹介するとともに、最新動向とビジネスチャンスについて紹介しました。講演プログラム概要は以下の内容になります。

■プログラム概要
1. 植物工場の基礎
1) 植物工場とは
2) 要素技術
3) 栽培の流れとポイント

2. 植物工場のビジネス
1) 採算モデル
2) ビジネスモデル
3) 収益性について

3. 高付加価値野菜の最新動向
1) 高付加価値野菜の事例紹介
2) 植物工場における高付加価値野菜について

講演及び植物工場に関するお問い合わせは以下よりご連絡ください
https://agri-ga.com/contact/

油田マルシェにて植物工場野菜を販売しました

2016年7月9日、本研究所で育てられた植物工場野菜を油田マルシェで販売しました。

今回は、ワイルドルッコラ、根つきパクチーを提供しました。ワイルドルッコラは、香味が強く加熱した料理にも使えると好評をいただきました。

また現在、油田マルシェを行う油田カフェでパクチーの根も使ったガパオライスなど、植物工場野菜を活用したメニューを開発いただいています。

ガパオ

今後もメニュー開発の状況も順次報告してまいります。

朝顔市にて植物工場野菜を販売しました

2016年7月1日、東京東信用金庫が行う朝顔市にて本研究所の植物工場野菜を販売しました。

今回の提供量は40袋程度でしたが、地域の皆様に購入していただきました。今後も地域での販売展開を目指してまいります。

イベントで植物工場野菜を販売したい方、また空工場の利用で植物工場をご検討の方、こちらのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

毎日新聞に本研究所の取り組みをご紹介いただきました

2016年6月29日、毎日新聞の地域面に本研究所の取り組みを掲載いただきました。

研究開発会社「リバネス」空き工場で野菜栽培 墨田区が補助金 /東京』ぜひご一読ください。

 植物工場の取り組みや食品の粉末化にご興味のある方、見学希望の方は、本サイトのお問い合わせより内容をお寄せください。お待ちしております。

NHKの「首都圏ネットワーク」で本研究所の取り組みが紹介されます

2016年6月29日、18時10分からのNHKの「首都圏ネットワーク」にて本研究所の取り組みを紹介いただきます。お時間ある方はぜひご視聴いただけますと幸いです。

首都圏NEWS WEB『墨田区の空き倉庫を野菜工場に』でも内容をご覧いただくことができます。

 

アグリサイエンスラボ「梅はすっぱい?あまい?ー梅の収穫・味覚実験ー」にて本研究所メンバーが講師として参加しました

2016年6月19日(日)に開催されたアグリサイエンスラボにて、本研究所メンバーが講師として参加しました。

今回のテーマは「梅」。群馬県の梅農家、石曽根農園さんにて開催しました。

lecture (1)普段はあまり見かけない生の梅がいっぱいです。みんなで一緒に収穫をしながら、南紅梅や白加賀等、品種による違いも教えてもらいました。

kikai梅収穫器に一同びっくり!梅が雨のように降ってきます!

収穫の後、自分たちでとってきた梅の実と梅の葉っぱを品種ごとに並べて観察しました。同じ梅でもたくさん違うところが見つかりました。日に当たると色が変わるのも不思議です。カリカリ梅はすべての品種の梅で作れるけど、若い実でないと使えないとのことで、見分け方も教えてもらいました。

kansatsu品種によって大きさや形が違います。カリカリ梅は中の種が白いうちにしか作れません。実際に梅の実を割って観察しました。

子供達から石曽根さんへの質問コーナーも設けられました。「梅の花は何色なの?」という質問には、「ほとんどが白、でバイゴウという品種はうっすらとピンク色です。花梅のような真っ赤な花は、花を見るために作られた種類なのであまり梅の実は取れません。」と、花を見るための梅と実を取るための梅が違うことも聞くことができました。

また、「織姫(小ぶりの実の品種、黄色い実を収穫した)は、南紅梅みたいに赤くならないの?」という鋭い観察眼からの質問もありました。じつは梅の実が赤く色づくのと熟すのは別のもの。梅は日に当たったところだけが赤くなるので木の上の方の梅だけが色づきます。実は織姫も日に当たれば赤く色づくのですが、今回収穫したのは木陰で完熟した実だったのです。みんなの質問から、梅のことをたくさん知ることができました。

農場には梅を育てるための「くふう」もいっぱいありました。こちらは梅の実の病気を防ぐため消毒する時に使う車。とても強い風が吹いてきます。

kuruma

自家製の美味しい梅干しや梅漬けと共にお昼ご飯をいただいた後は、実験教室を行いました。舌が味を見分ける仕組みについて、自分の舌を使って探りました。ミラクリンを舐めた後はすっぱい梅干しやレモンがとっても甘くなってみんなでびっくり!身のまわりにはふしぎなことがたくさんあり、そのふしぎなものの中にはしくみが潜んでいることを実感できる実験教室になりました。

experiments

群馬県での開催ということで少し移動が大変でしたが、農場だからこその体験が盛りだくさんの一日でした。

3ninushukaku

次回7/17(日)は大豆の第一回として大豆の種まきを行う予定です。近日中に参加者募集を開始いたしますので是非ご参加くださいませ。