アグリサイエンスラボ「梅はすっぱい?あまい?ー梅の収穫・味覚実験ー」にて本研究所メンバーが講師として参加しました

2016年6月19日(日)に開催されたアグリサイエンスラボにて、本研究所メンバーが講師として参加しました。

今回のテーマは「梅」。群馬県の梅農家、石曽根農園さんにて開催しました。

lecture (1)普段はあまり見かけない生の梅がいっぱいです。みんなで一緒に収穫をしながら、南紅梅や白加賀等、品種による違いも教えてもらいました。

kikai梅収穫器に一同びっくり!梅が雨のように降ってきます!

収穫の後、自分たちでとってきた梅の実と梅の葉っぱを品種ごとに並べて観察しました。同じ梅でもたくさん違うところが見つかりました。日に当たると色が変わるのも不思議です。カリカリ梅はすべての品種の梅で作れるけど、若い実でないと使えないとのことで、見分け方も教えてもらいました。

kansatsu品種によって大きさや形が違います。カリカリ梅は中の種が白いうちにしか作れません。実際に梅の実を割って観察しました。

子供達から石曽根さんへの質問コーナーも設けられました。「梅の花は何色なの?」という質問には、「ほとんどが白、でバイゴウという品種はうっすらとピンク色です。花梅のような真っ赤な花は、花を見るために作られた種類なのであまり梅の実は取れません。」と、花を見るための梅と実を取るための梅が違うことも聞くことができました。

また、「織姫(小ぶりの実の品種、黄色い実を収穫した)は、南紅梅みたいに赤くならないの?」という鋭い観察眼からの質問もありました。じつは梅の実が赤く色づくのと熟すのは別のもの。梅は日に当たったところだけが赤くなるので木の上の方の梅だけが色づきます。実は織姫も日に当たれば赤く色づくのですが、今回収穫したのは木陰で完熟した実だったのです。みんなの質問から、梅のことをたくさん知ることができました。

農場には梅を育てるための「くふう」もいっぱいありました。こちらは梅の実の病気を防ぐため消毒する時に使う車。とても強い風が吹いてきます。

kuruma

自家製の美味しい梅干しや梅漬けと共にお昼ご飯をいただいた後は、実験教室を行いました。舌が味を見分ける仕組みについて、自分の舌を使って探りました。ミラクリンを舐めた後はすっぱい梅干しやレモンがとっても甘くなってみんなでびっくり!身のまわりにはふしぎなことがたくさんあり、そのふしぎなものの中にはしくみが潜んでいることを実感できる実験教室になりました。

experiments

群馬県での開催ということで少し移動が大変でしたが、農場だからこその体験が盛りだくさんの一日でした。

3ninushukaku

次回7/17(日)は大豆の第一回として大豆の種まきを行う予定です。近日中に参加者募集を開始いたしますので是非ご参加くださいませ。

,

ブログに本研究所の取り組みをご紹介いただきました

2016年6月20日、イケダハヤト氏のブログに本研究所の取り組みを掲載いただきました。

「アグリガレージ研究所」がヤバい!墨田区のライオンズマンションの一階に「植物工場」があったw

植物工場だけでなく、町工場の屋上での栽培システムの研究もご紹介頂いておりますので、ぜひご一読ください。

,

Innoplexに本研究所の取り組みをご紹介いただきました

2016年6月12日、植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しているInnoplexに本研究所の取り組みを掲載いただきました。

リバネス、墨田区の空き工場を活用した植物工場を開設。粉末加工など六次産業化を通じた地域活性化へ』ぜひご一読ください。

本研究所のプレス内覧会・お披露目会を開催しました

2016年5月16日、本研究所のプレス内覧会およびお披露目会を開催しました。

プレス内覧会では新聞社、ケーブルテレビの計4社の方に来ていただきました。

本研究所の取り組み紹介、施設見学を行った上で、植物工場野菜・野菜粉末を使った製品の試食、質疑応答を行いました。

取材内容は、近日各メディアにて紹介いただく予定です。

IMG_0348

お披露目会の様子

また同日に行われたお披露目会では、植物工場・加工事業に興味を持っている方、町工場の方、近隣住民の方など30名を超える方々にご参加いただきました。

本会の実施にあたっては、油田カフェから場所のご提供、植物工場野菜粉末を使った製品試作にご協力いただきました。

図2

試食の様子

植物工場野菜は、リーフレタス、ミズナほかコマツナ、ケールのベビーリーフを試食していただきました。ドレッシングは植物工場でとれたコマツナを加工したものも試作いただきました。

IMG_0296

植物工場野菜

植物工場野菜粉末を使った製品では、クッキー、シフォンケーキ、ミルリトンといったお菓子を試食していただきました。

試食いただいた方からは、ベビーリーフでもしっかり味がして美味しいというコメントや、お菓子は美味しいだけでなく、色が綺麗で目を楽しませてくれるというコメントをいただきました。

また試作いただいた方からは、お茶を加工品に入れたものよりも綺麗なグリーンが出ると好評いただきました。

図1

植物工場野菜粉末を使った製品

今後も、このような製品に使っていただけるように植物工場での栽培品種の検討、および加工研究を行ってまいります。

理科の王国で本研究所の取り組みを紹介しました

2016年5月15日、小学生のための理科の王国2016 SUMIDA GATEにて本研究所の取り組みを紹介いたしました。

IMG_20160515_090539

当日は、本研究所の紹介に加えて、栽培された植物工場野菜と無農薬野菜粉末の展示を行いました。

ブースに来てくれた方には、墨田区にも植物工場ができたということや、家の近くで植物工場野菜がつくられていることにビックリしたとの声をいただきました。また展示のような植物工場野菜がどこで食べられるのか、その粉末を入れたお菓子を食べてみたいという希望もいただきました。

今後は、植物工場野菜やその粉末を利用した加工品が区内で食べられる場所を増やしてまいります。

油田マルシェでリーフレタスをご提供しました

2016年5月14日、本研究所で育てられたリーフレタスを油田マルシェにご提供しました。

先着20名の限定配布だったため、あっという間に配布終了となりました。

リーフレタスを配布した方からは、さっそくお召し上がりいただき、当日販売されていた長野県産の有機野菜と比較しても味、鮮度も負けていないとのコメントをいただきました。

今後開催されるマルシェでは販売できるように進めてまいります。

 

藻類研究チームによる中高生向けオープンイベントを実施しました

2016年4月17日(日)、東京都墨田区に新しく設立した「リバネスアグリガレージ研究所」(以下、アグリガレージ研究所)の開設に先立ち、藻類研究チームによる中高生向けオープンイベントを実施しました。
アグリガレージ研究所の藻類研究チームでは、海・川・温泉・樹皮とさまざまな場所に生息し、色や形も多種多様な微細藻類を対象にしています。その多様さからまだ誰も発見していない秘密が隠されている可能性が高いと考えられます。どんな秘密が出てくるかは研究者次第です。研究に興味のある中高生と一緒に研究ができれば、次世代の研究者を応援するとともに新たな研究をスタートささせることができます。そこで、中高生向けサイエンス冊子「someone(サムワン)」(https://lne.st/service/co/pr/pub/someone/)の読者からオープンイベントの参加者を募集しました。


当日は高校生2名、中学生3名に参加いただき、顕微鏡で微細藻類の種類による形の違いや、
彼らの持つ魅力的な能力(油の生産、雲の形成に関わる)の講義などを行いました。また、実際に微細藻類が生息すると思われる場所を探し(今回は公園で実施)、採取しました。思い思いの場所から採集したサンプルの一部を使い、いろいろな微生物がいる状態から微細藻類のみにするスクリーニング作業を体験しました。参加した中高生は、興味深く、また熱心に取り組んでいました。

スクリーニング体験風景

アグリガレージ研究所では、このような活動をはじめとして中高生と一緒に研究をしていきたいと考えています。未知なる可能性を秘めた藻類を研究することで次世代の研究者を育て、そこで得られた研究の種を未来へつなげていくハブになるべく邁進していきます。

本研究所を墨田区山本区長に視察していただきました

2016年4月28日、本研究所を墨田区山本区長に視察していただきました。

本研究所は、墨田区に新たな農業ビジネスを生み出す「町工場ショクづくり」をテーマに墨田区の平成27年度新ものづくり創出拠点整備事業に採択、整備を進めてきました。

当日は、本研究所の植物工場や加工施設、植物・藻類栽培実験室を山本区長にご覧いただきました。

IMG_0163

最後に植物工場で育てられた野菜も試食いただき、味が良いとご好評いただきました。